毎月発行される『きたく子ども劇場』の機関紙≪輪≫から、抜粋して載せていきます。


profile
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
categories
selected entries
new entries
recommend
archives
comment
link
others
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-- - - - - - -
「11ぴきのねこ 〜ふくろのなか」プレイベント報告♪
10月幼児・低学年例会「11ぴきのねこ 〜ふくろのなか」プレイベント報告♪

花11ぴきのねこになって えんそくにいこう!ねこになって・・・

ねこまずはみんなそれぞれ、お面に好きな色を塗ったり、フェルトで出来たねこ帽子に顔を書いたりして作ったものをかぶって、ねこに変身!
みんなで出発!準備ができたらリュックをしょって、11ぴきづつ(?)、近くの公園に向かってしゅっぱ〜つ
!
つり橋には「わたるな」って書いてあるけど、気にしな〜いkyu
 にゃご にゃご♪
1日、ねこになって楽しみましたハートダメって言われても・・・


花記念講演会
「11ぴきのねこと馬場のぼるの世界」
 こぐま社創業者 佐藤英和氏
つり橋をわたる♪
子ども達に『絵で語る本』を届けたいと、こぐま社を立ち上げた佐藤さん。
売れっ子漫画家だった馬場のぼるさんとともに作り上げたのが「11ぴきのねこ」シリーズ。
全6冊が出来上がるまでの秘話や、絵本を楽しんでほしいという12ひきめ?想い、馬場さんとの楽しいやり取りなどをお話していただきました。
馬場のぼるさんの最後の作品となった「ぶどう畑のアオさん」の最後のページの絵に、佐藤さんに向けたメッセージが残されていたというエピソードには、胸が熱くなりました。
「絵巻えほん 11ぴきのねこマラソン大会」には、《こぐま》を抱いた“佐藤さんねこ”が、5ヶ所に登場しています佐藤英和氏
ちなみに、『こぐま社』という社名のもとになったのは、佐藤さんのニックネームだそうです
-- 例会情報 - 14:17 - comments(0) - trackbacks(0)
スポンサーサイト
-- - - 14:17 - - - -
comment*






<< Next   /   Prev >>